こちらでは、ダンパーでのサービスや、セールのお知らせなどのホットでお得な情報をお知らせいたします。
特急指定日の注意点
     特急指定日は工場休業日には配送便も休みになりますので受けることができません。
     その前日の特急指定日となります。
     本店を除き、火曜日(または祝日前日)に御持ち込みいただいても特急の最短お渡し日は
     木曜日以降(祝日以降)となります。
     本店につきましても水曜日(祝日も)に当日の特急は受付しておりません。
     9月30日までは土曜日も休業日がありますので 弊社ホームページのトップページに
     工場休業日を記載しておりますのでご参照ください。
洗濯表示が新しくなりました!!
  2016年(平成29年)12月より、新洗濯表示が付いた衣類が販売されます。
  新しい表示の内容はこちらをご参照ください。→経済産業省ホームページ
     22種類だった表示が41種類になりました。より細分化されてきめ細やかなお手入れが出来ますね!
     
     大きく変わった点は・・・
          ●乾かし方の表示が増えた
          ●洗濯機マークがたらいのマークになった
          ●漂泊のマークの図柄が△マークになり、白物用(塩素系)が使える、柄物用(酸素系)までなら
           使えるなどの表示が増えた
          ●クリーニング店のウェットマークが出来たなど。

  ダンパーでは、日々洗い方や扱い方を研究しております。
  よりよい仕上がりを御提供できます様、また、皆様に喜んで頂けます様、これからも努力して参ります。
  これからもよろしくお願い致します。

 夏物衣料は、汗を沢山含んでいます。 夏物衣料のお薦めの取り扱い方法を御紹介致します。

   皆様、衣類に付いている取り扱い絵表示をご確認ください。
   『水洗い不可、ドライ洗い可能』という表示の品は、メーカーがドライクリーニングを推奨しているため、
   クリーニング店ではドライクリーニングを行います。
   ドライクリーニングとは、石油系の有機溶剤を使用して洗う方法です。油分の汚れ落ちが良く、型崩れしないのが
   特徴です。しかし、、、汗などの水分の汚れは落ちにくいという短所があります。
   この汗の成分が蓄積しますと、繊維がごわついたり、風合いが硬くなって来ます。また、シーズン明けの変色等を
   引き起こす原因にもなります。
   
   そこでお勧めしたい方法は、ダンパーオリジナル『ドライ&ウェット』です。
   
   汚れの構造を御存知ですか?
   汚れの一番外側は、油膜で覆われています。まずは、ドライクリーニングを行ってこの油膜を綺麗にします。
   そして、次に弊社で独自開発のウェットクリーニング(特殊水洗い)を行い、汗の成分を洗います。
   すると、蓄積した汚れによりごわついていたり、ひんやりした生地になってしまっていたものが、ふんわりと
   回復します。特に、紳士用スーツ、その他ズボン類にお薦めです。

   受付方法ですが、パールコース(普通洗い)にオプションでドライ&ウェット(別料金)で承ります。
   又は、エメラルドコース、ダイヤモンドコース(両方ともデラックス洗い)では、オプションですが
   無料で追加する事が出来ます
。特にセール中は、デラックス洗いがとてもお得です。
大好評!ダンパーのしみ抜き!
     お陰様で、好評を頂いております。今後もより一層技術を高め、1点でも多くの品をきれいに出来る様、努力致します。
         
         *ダンパーでは、ご依頼品を出来る限り良い状態に回復させてお返ししたいと、努めております。
           デリケートな繊維にがっちりと入り込んだシミ、固着したシミ、染着したシミ、付着してから時間経っているシミなど、
           内容によっては成分をゆっくりと溶解させなければならないものがあり、お時間がかかる場合があります。
           繊維の特性を考慮し、ひとつひとつ丁寧に除去作業を致しますので、ご理解の程お願い致します。
           お出し頂く場合は、ゆとりをもってお出し頂く事をお薦めいたします。
                          
最新機械を導入!!

       衣類の進歩に伴い、上着・コート類用の最新仕上げ機を導入致しました!!
       従来よりも更に衣類に優しく、よりふんわりとした仕上がりになります。
       ぜひぜひ、進化した仕上がりをお楽しみ下さい。
       

クリーニング後は、ビニールをはずし、必ず陰干しをしてお手入れして下さい。
クリーニングをしたものは、最後に蒸気で仕上ています。クリーニング済みのものは、必ず陰干しをして湿気を取り除き、間隔を空けてゆとりをもって収納して下さいね。

■お手入れをしてからしまってね■
汗を吸ったままでお洋服を保管すると、汗の分解によって生じた酸・細菌・酵素などが作用して、繊維の強度は弱くなります。
また、汗の中に含まれているアミノ酸は染料の中に含まれている金属を染料分子から引き抜くため、色相変化の原因となります。
トラブルが起きる前に、ぜひ、お手入れをしてあげてください。

お洋服を長く美しく着るポイントは・・・ 
着用時には、体が動くのといっしょにお洋服の各所が引っ張られています。知らないうちに強い力が加わり、お洋服に負担がかかっているのです。
長く着用するためには、
適当な間隔を開けて着用することによってお洋服に生じたひずみをゆるめてあげることと、着用したら、なるべく早く洗濯して、トラブルの原因を取り除いてあげることが大切です。

大好評!!ダンパーの『シミ抜き専科』

シミ抜き名人が、お客様の大事な衣類をきれいに致します。
シミを付けてしまったら、早めにダンパ―にご相談下さい!!
シミは時間が経てば経つほど落ちる可能性が下がります。気をつけて!!

         しみ抜きがパワーアップ!!
染色補正士(国家資格)が、更に一歩踏み込んだしみ抜きを致します!!


しみ抜きは大体1週間ほどお時間を頂いております。シミの内容によってはお待たせする場合がございますが、素材を考慮して、最善を尽くしておりますので、どうぞご理解のほど、お願い申し上げます。。


シミでお困りのもの、他店で落ちなかった物など、是非ダンパー『シミ抜き専科』をどうぞご利用下さい!!
宅配便でご依頼の場合は、予めお電話又はfax又はメールを下さい。
送料は、お客様のご負担とさせて頂いております。予めご了承下さい。

衣類の収納のポイント

6月~10月はもっともかびや虫食いの被害を受けやすいシーズンです。
汚れを除去し、湿気を十分に取った状態で保管するのが一番良いでしょう。

クリーニング後は、ビニールから外し、上着やコート類は厚みのあるハンガーに掛け替えて下さい。また、しまう際には、必ず陰干しをして、湿気を十分に取った状態で保管してください。

衣類にとって湿気は大敵です!!

『一度しまってしまったら、そのまま放置しちゃおう』は絶対にタブ―!!です。
日本は湿気が多いので、気付かないうちに衣類は湿気たんまり吸っています。
陰干しをして水分を除き、カビから守ってください。そして、衣類用のやわらかい毛のブラシで優しくブラッシングし、虫から守ってください。

大切な衣類はひと手間掛ければ、長持ち出来ますよ。^^

仕上がり品についているタッグ(番号札)を10枚集めると、100円券としてご利用頂けます。是非、ご利用下さい!!(店舗受付分限定サービス)
◆ご使用時は、お会計の際にお出し下さい。
◆セール時も使用できます。
◆複数枚を同時に使用できます。
◆タッグは必ず、ダンパーマーク又は、クリンウェルマークが必要です。マークの無い物は無効です。